料金表

矯正治療の基本費用

料金
初診相談料 無料
検査診断料 ¥32,400(消費税8%) ¥30,000(税抜)
矯正基本料金 早期治療
(乳歯列の治療)
¥216,000〜¥324,000(消費税8%)
¥200,000〜¥300,000(税抜)
第1期治療
(混合歯列の治療)
¥216,000〜¥432,000(消費税8%)
¥200,000〜¥400,000(税抜)
第2期治療
(永久歯の治療)
¥864,000〜(消費税8%)
¥800,000〜(税抜)
舌側矯正
(裏側矯正)
(インコグニト)
¥1,188,000(消費税8%) ¥1,100,000(税抜)
上顎舌側・下顎表側
¥1,512,000(消費税8%)¥1,400,000(税抜) 上下顎舌側
部分矯正 ¥108,000〜¥540,000(消費税8%)
¥100,000〜¥500,000(税抜)
調整料(装置装着中月一回) ¥5400(消費税8%)¥5000(税抜)
保定装置(後戻り防止装置) ¥32,400〜¥54,000(消費税8%)¥30,000〜¥50,000(税抜)
経過観察料(治療前の定期健診) 無料・生え変わりの観察や虫歯のチェックをします
その他 ・矯正治療中の抜歯、むし歯予防治療、
 歯のクリーニングは無料です。
・ワイヤーを白いワイヤーにする場合は1本¥1,080
・矯正基本料金は次の段階に移る場合
 前の段階との差額を頂きます。
 例:第1期治療が¥324,000お支払いで
 第2期治療が¥864,000の場合、
 第2期の矯正基本料金は差額の¥540,000となります。

クラウン(かぶせもの):白いクラウン

種類 自費のクラウン
 ハイグレードタイプ  スタンダードタイプ
 オールセラミック
 メタルボンド
主材料  ファインセラミック  セラミック
-  専用合金
特徴

オールセラミック

メタルボンド

 ・透明感に優れているため、 最も天然歯に近いきれいな色調を再現できます。
・耐久性に優れ長持ちします。
金属アレルギーの心配がありません。
接着法のため封鎖がよい
 ・天然歯に近い色調で、周りの歯の色に合わせることが可能です。
・変色せずに長く美しさを保ちます。
・金属の裏打ちがあり、時間がたつと歯肉との境目に金属色が見えやすいことが難点。

治療できる歯 前歯

奥歯

見た目の自然さ

変色しにくさ

擦り減りにくさ

体にやさしい

価格  ¥129,600(消費税8%)+立ち会い料
¥120,000(税抜)+立ち会い料
 ¥129,600(消費税8%)
¥120,000(税抜)
 5年間保証  5年間保証
 通常の使用での破損など  通常の使用での破損など
種類 自費のクラウン 保険のクラウン
 エコノミータイプ
 ハイブリッドセラミック  硬質レジン
主材料  超微粒子セラミック+樹脂  プラスチック
 専用合金  保険適用金属
特徴

ハイブリッドセラミック

硬質レジン

 ・天然歯に近い硬さでかみ合う歯に優しい素材です。
・セラミックの歯に比べると美しさでは劣りますが保険の歯よりは見た目や変色しにくさは勝ります。
 ・プラスチック部分が変色しやすく磨り減ったり割れたりすることがあります。
・保険の適用範囲は基本は前歯までです。
・小臼歯はかみ合わせの強さに耐えられる場合のみ保険適用

治療できる歯 前歯

奥歯

見た目の自然さ

変色しにくさ

擦り減りにくさ

体にやさしい

価格 ¥86,400(消費税8%)
¥80,000(税抜)
 保険適用
 5年保証  装着後2年間保険不適応
 通常の使用での破損など  

ページのトップに戻る

クラウン(かぶせもの):金属のクラウン

種類 自費のクラウン 保険のクラウン
 スタンダードタイプ
 ゴールドクラウン  銀歯
主材料  高カラット金合金  保険適用金属
特徴

高カラット金合金

保険適用金属

  ・金合金はしなやかで、歯との適合性もよく、天然歯に近い方さでかみ合うため歯を痛めません。
・銀合金のように歯肉への着色もありません。
・かむ力の強い奥歯での使用に向いています。
 ・かむ機能には問題ありませんが永年の使用で、黒く変色してくることがあります。
・バラジウムを使用しているため、金属アレルギーの原因となること があります。

治療できる歯 前歯

奥歯

見た目の自然さ

変色しにくさ

擦り減りにくさ

体にやさしい

価格 ¥86,400(消費税8%)
¥80,000(税抜)
※相場で変動します
 保険適用
 5年保証  装着後2年間保険不適応
 通常の使用での破損など  

医療保険・公費負担・保険外併用療養費等も取扱っております。ご希望の患者様は、保険証をお持ち下さい。
また、自費治療が必要な治療の場合などは事前にご確認させていただきますので、ご安心下さい。

ページのトップに戻る

インレー(つめもの)のメニュー:白いインレー

種類 自費のインレー 保険のインレー
 ハイグレードタイプ  スタンダードタイプ
 オールセラミック  ハイブリッドセラミック  コンポジットレジン
主材料  ファインセラミック  超微粒子セラミック+樹脂  プラスチック
特徴

オールセラミック

ハイブリッドセラミック

コンポジットレジン

・透明感に優れているため、最も天然歯に近いきれいな色調を再現できます。
・耐久性に優れ、長持ちします。
金属アレルギーの心配がありません。
・セラミックとコンポジットレジンの中間の性質を持ちます。
・破折しやすいため当院では治療を行っておりません
・金属やセラミックと比べると強度が落ちるため、磨り減ったり割れたりすることがあります。
強い力に耐えられない為、歯の側面には使用できません

治療できる歯 前歯

奥歯

見た目の自然さ

変色しにくさ

擦り減りにくさ

体にやさしい

価格 ¥54,000(消費税8%)
¥50,000(税抜)
 治療を行っていません  保険に準ずる
 5年保証  5年保証  
 通常の使用での破損など  通常の使用での破損など  

ページのトップに戻る

インレー(つめもの)のメニュー:金属のインレー

種類 自費のインレー 保険のインレー
 スタンダードタイプ
 ゴールド  銀歯
主材料  高カラット金合金  保険適用金属
特徴

ゴールド

銀歯

・金合金はしなやかで、歯との適合背ももよく、天然歯に近い硬さでかみ合うため歯を傷めません。
・銀合金のように歯肉への着色もありません。
・かむ機能には問題ありませんが永年の使用で黒く変色してくることがあります。
・パラジウムを使用しているため、金属アレルギーの原因となることがあります。

治療できる歯 前歯

奥歯

見た目の自然さ

変色しにくさ

擦り減りにくさ

体にやさしい

価格  ¥43,200(消費税8%)
 ¥50,000(税抜)
※相場で変動します
 保険に準ずる
 5年保証  
 通常の使用での破損など  

医療保険・公費負担・保険外併用療養費等も取扱っております。ご希望の患者様は、保険証をお持ち下さい。
また、自費治療が必要な治療の場合などは事前にご確認させていただきますので、ご安心下さい。

ページのトップに戻る

お支払はクレジットカードをご利用いただけます

お支払方法について

自由診療にはクレジットカード払いがご利用いただけます。

カード

医療費の控除について

医療費控除は、自分自身や家族のために支払った1年間の医療費の総額が10万円を超えた場合、確定申告をすれば所得控除(税金の環付)を受けることができる制度です。

歯科医院での治療費も対象です

医療費控除は、自分自身や家族のために支払った1年間の医療費の総額が
10万円を超えた場合、確定申告をすれば所得控除(税金の環付)を受けることができる制度です。

医療費控除の対象は…

歯科医師に支払った診察費または治療費

治療または療養のために必要な医薬品の購入費など
・通院費や医療用器具等の購入代や賃借料など通常必要なもの
・診察や治療を受けるために直接必要な義歯などの購入費

歯科治療での具体例は…

●医療費控除が使える場合

・不正咬合の歯列矯正、インプラント治療、骨造成=エムドゲインや骨移植などの保険外治療
・歯周病予防のクリーニング(PMTC)
・クラウンや義歯など
・公共交通機関(タクシーを含む)を利用したときの交通費

●医療費控除の対象外となる場合

・審美を目的としたホワイトニングや歯列矯正治療
・歯周病治療のための電動歯ブラシや口腔洗浄器の購入
・自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場料金

医療費控除手続きのポイント

@ その年1年(1/1〜12/31)分の医療費控除は、翌年2/16〜3/15の確定申告時に行います。
A 医療費控除を受けるためには、その支払いを証明する領収書等を確定申告書に添付するか提示することが必要です。交通費は、氏名・理由・日付・利用交通機関を明記したメモを使います。
B ご家族の場合所得の多い方が、医療費控除を申請したほうが還付額が多くなります。
万が一、申請し忘れたり、制度を知らなかったりした場合でも、5年以内であれば遡って申請ができます。
C 医療控除額は以下のようにして決定されます。

〔その年中に支払った医療費〕 − 〔保険金などで補填される金額〕 = 〔A〕
〔A〕 − 〔10万円または所得金額の5%、どちらか少ない金額〕 =
医療費控除額

申告の際に領収書や交通費の支払いメモが必要になります。
面倒がらず、きちんと保管しておきましょう。

※詳しくは国税庁のウェブサイト、またはお近くの税務署にてお問い合わせください。

ページのトップに戻る